紫焔窯ロゴ.jpg

空の青、雲の紫、白い風・・・。
かたちと色彩が流れてゆく。

古代より連綿と続く紫の世界、
それは高僧の袈裟の色であり、
貴婦人達が身にまとう色であった、

紫色をまとった花器や壺が並ぶ窯。

「紫焔窯」とは、中国は宋の時代に出現した

「柴紅秞」が由来である。​

還元焼成で紫。酸化焼成で青緑と色彩が舞う美しい陶房。
緑深い流山の西深井の陶房では、

絶え間なく作品が生まれてくる。

窯元 田口佳子

窯元 田口佳子 作品

​画像にカーソルを合わせると作品説明が表示されます

有田の白い土に出会い、そのやわらかく強い感覚に魅せられ磁器の創作に向かう日々。紫紅釉・青銅釉・天目釉と長年作って来た釉薬を、白い磁器に掛け、形と色彩の世界を創造していく。陶板も手掛け、抽象的なデザインが白い土の上に広がっていき、新たなる陶芸の道へとつながる。

作品のご用命は随時承っております。

最新の作品情報はインスタグラム、ブログをご確認ください